共学校で行われた男女混合アナル健康診断2021春

>> この動画を全編高画質で見る

新たに発見された未知のウィルスは、主に肛門の粘膜から人体に侵入する事が、研究で明らかになった。一刻も早いワクチンの開発と感染拡大防止に向けて、大量のアナルを分析する必要が出た為、全国の学校で「アナル健康診断」を実施する。この健診は極秘に、そして、多少の人権無視やが行われようとも、ある程度黙認する事とする。生徒諸君は、どうか素直に医師や看護師の指示に従い、パンティを脱いで、診察台の上で肛門を開いて四つん這いになって欲しい。

目次
閉じる