義理の息子にメロメロにされた義母 福山いろは

>> この動画を全編高画質で見る

娘夫婦の帰省を楽しみにしていたいろは。元気そうな二人の姿に安堵した。お茶を頂きながら久しぶりの会話に花が咲く。娘からのお願いもあり娘婿にマッサージを施す事になったいろはは、優しくマッサージすると娘婿は寝息を立ててしまう。あらあら疲れていたのねとタオルケットを掛けようとすると、娘婿の股間が大きく盛り上がっていた。夫を亡くして久しく見ていなかったモッコリ具合いにいろははドキドキし始める。そして少しだけなら、ちょっとだけ、婿さんは寝ているし、と触り始め次第にエスカレートして行き、娘婿の大きなイチモツを夢中で咥えてしまっていた。男臭い白濁液がいろはの口中に吐き出された時いろはは久しぶりに味わう幸福感に包まれ、下半身が堪らなく疼いてゆくのであった…。

目次
閉じる